脱毛方法の中でも医療脱毛は、出力の高い機器での施術となるので確実で効果の高い脱毛方法として人気があります。
黒い色素に反応するレーザーを照射して、毛根にダメージを与える方式のもので、短時間で広範囲に施術ができるという所がメリットの一つです。

毛穴の一つずつに電気針を刺していくニードル脱毛と比べると、痛みも格段に少ないですし、施術時間も短く、費用もリーズナブルです。
ところがこの医療脱毛にもデメリットは存在します。それは、白髪や色素が薄い毛に対しては効果が得られないということなのです。

療脱毛は、毛の黒い色素に反応してダメージを与えるので、黒い色素のない、または薄い毛に対しては反応がないのですね。ですから、手足や顔の産毛などにも効果はあまり出ないのです。

こういったタイプの脱毛には、やはりニードル脱毛が効果的といえるでしょう。ニードルだと色素に関係なく毛穴に電気針を刺して電流を流して毛根にダメージを与える方式なので、どんなタイプの毛にも効果を出すことができます。

ただその痛みはとても強いものになりますし、時間もかなりかかってしまう上、費用も高額になりますから、医療脱毛に比べるとハードルが上がってしまうでしょう。