医療脱毛は文字通り、美容皮膚科や美容外科といった医療機関で受けられる、脱毛法の事を言います。
今現在、医療脱毛といえばレーザー脱毛が主流です。
レーザー脱毛は半永久的に無駄毛が生えなくなる、永久脱毛の効果があると考えられています。
施術を受ける事で無駄毛の悩みや、トラブルを解消出来るでしょう。
ただし、医療脱毛にはデメリットも存在しているので、この点は確認していく必要があります。
デメリットとして挙げられるのが、「日焼けをしている場合、施術を受けられないケースがある」という点です。
レーザー脱毛は毛根に含まれる、メラニン色素に作用して無駄毛を処理します。
日焼けしている肌にレーザーを照射すると、皮膚に含まれるメラニン色素にレーザーが反応してしまうのです。
すると、皮膚がレーザーで高温になり、火傷を負うリスクが高まります。
日焼けしている肌だと、火傷のリスクが高いので施術を断られるケースが多いようです。
医療機関によっては美白治療を行ってから、施術を始めるという場合もあります。
また、日焼け関係なく施術を受けられる、他の医療脱毛へと変更するという方法もあります。
ですが、よりスムーズに施術を受けたいのであれば、施術前に日焼けをしないよう紫外線対策を、しっかり行う事が大切です。