医療脱毛は効果が高い反面、施術時に痛みを感じやすい、というデメリット面も持っています。一般的なエステサロンなどで使用されている機器よりも、高出力な機器が用いられるため、毛根に強い影響を与えるのです。作用が強い分、脱毛完了までの期間が短く済むなど、メリット面も多くなります。

作用が強いというと、肌への負担が気になり、施術を受けることを躊躇する、という方もいるでしょう。しかし、クリニックによる医療脱毛は、医師免許を持つ医療従事者によって行われるため、安全性が高いという側面もあります。

脱毛に使用されるレーザーは基本的に安全性が高いものだといえますが、肌が敏感な状態であったり、体質などによっては、赤みが出るなどのトラブルが起きることもあるでしょう。そうした場合にも医療脱毛であれば、医師が直接肌の状態をチェックし、必要な処置を行ってくれますから、大事に至りにくい、という利点があります。

短期間で脱毛を終わらせたい方、しっかりとした診断を受けた上で脱毛をするかどうか決めたい方には、医療脱毛が向いているといえるでしょう。多少時間がかかっても、なるべく痛みの少ない方法で脱毛がしたいという場合には、サロンでの施術が適しているかもしれません。”