医療脱毛のデメリットは、肌への負担がフラッシュ脱毛よりもかかることにあります。これは、実際の手術の現場を見ると一目瞭然でわかるため覚えておきましょう。

例えば、フラッシュ脱毛のときには肌に対して照射をする際に、光の出力を下げるためのジェルを塗布することがあります。これは、ジェルを塗布しておけばそのジェルが膜の代わりとなって肌に対して大きなダメージを与えなくなるために必要なものです。簡単なジェルを塗布すればダメージを軽減できるため、素人であっても使うことはできますし、肌の専門家であるエステティシャンが利用すればより綺麗な仕上がりにすることも難しくありません。

もしフラッシュ脱毛で、肌に強い負担が出てしまった場合は、ヨガレッスンを受けるなどして、呼吸を深めて心身を落ち着かせて、対処することをおすすめします。
(参考⇒ヨガ大阪ネット

一方で、医療脱毛の場合はこうしたジェルだけでは足りず、基本的に手術を行う際にはジェルではなく麻酔を塗布します。これは、痛みを軽減するための麻酔が存在しないと、痛みに耐えきれずに手術が終わってしまう患者が存在するからです。

実際に、医療脱毛でレーザーを照射すると輪ゴムで弾かれたような痛みを生じることがあります。敏感肌や元々肌が薄い人に対して大きなダメージになりますので、痛みを感じさせないようにするための処置が必ず必要です。これは、医療脱毛がフラッシュ脱毛よりも負担が大きい証明でもあります。